信楽の流星レーダーから見積もられた中間圏・熱圏下部の水平風速データ(テキスト形式)

データの概要:

 このデータは、滋賀県の信楽MU観測所(北緯:34.86度、東経:136.11度、高度:385 m)の
流星レーダー観測から見積もられた中間圏・熱圏下部(高度:70-110 km)の水平風速である。
この風速データは、オリジナルの観測データから算出した東西風と南北風を時間と高度に対して
加重平均されており、Ws(西暦)(月).(分解能).txt またはWs(西暦)(月)(日).(分解能).txtという
名前のテキストファイルに格納されている。分解能の表記は、h2t60min00, h2t60min30, 
h4t60min00 とh4t60min30の4つがある。例えば、h2t60min00のh2t60は、データが高度方向に
2kmごと、時間方向に60分ごとに置かれ、それぞれ、±2kmと±60分のガウス型関数で加重平均
されていることを意味する。また、min00は、そのガウス型関数の窓の中心が各時間の00分に対応
することを示す。このテキストファイルは、年、通日、時間(世界時)、高度、東西風と南北風、それら
の分散、水平風を決定するのに用いた流星痕の数、および2つの内部チェック値から構成されている。
 詳細はメタデータを参照のこと.


最新データについて:

  初期バージョン(1.0)が、2013年5月13日にリリースされている。

データフォーマット:

yydddhhmmhhh  u (m/s)  v (m/s)  sigma-u  sigma-v  N-of-m    int1    int2
79 73 3 0 88   71.6     2.4   108.3    39.6     5.0  1146.9     6.3
79 73 3 0 94   47.0   -13.2    76.5    18.4     6.0   634.9    10.0
79 73 3 0 96  -18.0   -26.1    57.4    27.2     6.0  1122.8    12.7
79 73 3 0 98  -13.3   -29.9    55.4    27.5     7.0  1421.5    10.6
79 73 3 0100   16.0   -22.3    62.6    20.9     5.0  1053.8     5.7
79 73 3 0104   30.6   -31.2    92.4    23.8     9.0   890.4    22.2
79 73 3 0106   75.2   -31.6    88.4    23.6     8.0   909.8    15.8

              yy: 年
             ddd: 通日
              hh: 時 (世界時)
              mm: 分 (世界時)
        hhh (km): 高度
      u, v (m/s): 東西風と南北風 
sigma-u, v (m/s): 東西風と南北風の分散
          N-of-m: 水平風を決定するのに用いた流星痕の数
            int1: 内部チェック値
            int2: 内部チェック値 
                  (これらのパラメータは、風速データの解析には必要ない)

修正履歴:

13MAY2013  A. Shinbori  :  メタデータをアップロードした。
13MAY2013  A. Shinbori  :  初期バージョンをリリースした。